セクシーカスタムオリジナル 公認左ハン コンプリートカー販売

 ホーム >>> オリジナル 公認左ハン コンプリートカー販売ページ


公認取得済み国産左ハンドル車の在庫状況、ご購入を検討されている方。

オートローン・下取りのご相談、カスタム・ドレスアップ・カーナビ・ETC取り付け等。

お客様の目的や費用にあわせて最適なアドバイスをさせて頂きます。

お気軽に電話又はメールにてお問い合わせ下さい。

当店デモカーを更にパワーアップさせ、左ハンドルにコンバージョン!!
関東第1公認左ハンドルデモカー スズキ ワゴンR スティングレー リミテッド(MH23S)












車両詳細
H23年式 ワゴンRスティングレー リミテッド(純正ハーフレザーシート)
公認取得済み 操縦装置(左ハンドル変更)・走行装置(リアアクスル変更)・サンルーフ
エアロ&マフラー MODE PARFUME PHANTOM GA-MU
フロントブレーキ IDEAL WARMUND 304φ
足回り J-LINE with MODE PARFUME SUSPENSION PREMIERE SET(F:車高調・R:アクスル)
アルミホイール AUTOWAY 18インチ
サンルーフ 社外後付けガラスサンルーフ(電動チルトアップ&電動アウタースライド式)
テールランプ キャンディー&スモークペイント
スムージング リアワイパースムージング
ステアリング 当店オリジナル 本革巻ガングリップタイプステアリング(コブ付き)
ミラーモニター 当店オリジナル 10.2インチワイド液晶ミラーモニター(SC-MR102H)
オーディオ carrozzeria AVIC-ZH09CS
スピーカー 当店オリジナル Rockford R1652-S ツイーター埋め込み型Aピラーセット
その他 当店オリジナルHIDヘッドライト&フォグランプ各種LEDパーツ等々

当店デモカーは店頭にて展示致しております、見学だけでも大歓迎ですのでお気軽にご来店下さい。

国産右ハンドルを左ハンドルにコンバージョン、左ハンドル改造公認取得までの過酷な道のり。
当店では輸出向け車両設定が存在しない車種で、国産左ハンドル改造車を製造してみようと考えました。
しかも、昨今大人気である日本の規格でしか存在しない軽自動車での公認取得に取り組んで参りました。
正直に申し上げますと、想像を絶するような試みでありました。
まずは左ハンドル改造公認取得の為、軽自動車検査協会と2012年から協議を開始しました。
関東では普通車・軽自動車共に公認を取得した前例が無かった為、当然スムーズに協議は進みませんでした。
改造の申請書を作成する以前に、何の目的で左ハンドルに改造するのか明確な説明をするよう求められました。
次に道路運送車両法の保安基準に全て適合するのかどうか、改造方法等を細部まで説明しました。
改造箇所はハンドル・ペダル・ダッシュボード・シフトノブ・エアコンパネル等の大掛かりな部分。
パワーウインドウのスイッチ・ボンネットや給油口のレバー・ワイパー方向等の細かなパーツ位置も全て変更。
車両本来の強度や性能が低下してはならない為、細部まで慎重且つ丁寧に製造致しました。
更に、製造及び作業工程・改造部品の図面及び詳細・強度検討書等、膨大な書類を作成。
申請書類の事で再び協議を進め、20142月にようやく申請書類を提出して受理されるまでに至りました。
書類審査通過後に軽自動車検査協会へ改造車両を持ち込み、構造等変更検査(操縦装置変更)を受けました。
書類通り道路運送車両法の保安基準に全て適合する車両なのかどうか、細部まで厳しく車両検査を受けました。
次に、書類の記載事項以外にも保安基準に適合しない点が有るかどうか再び細部まで厳しく検査を受け、
当然ですが、保安基準に適合しない箇所が1項目でも当てはまる場合には公認を取得する事は不可能です。
構造等変更検査(操縦装置変更)で要した時間は、計3時間以上となりました。
通常、普通の継続車検だけであれば、15分位で検査は終了します。

1年半以上の年月を掛け、20143月遂に関東第1となる左ハンドル改造車の公認車検を取得致しました。
当店製造の公認左ハンドル車は、国が認めた車両です。

当店の総力を結集し20143月、遂に関東第1号公認左ハンドルデモカー完成。
国産車の左ハンドル改造公認を取得するまでの過酷な道のりは、皆さんご理解頂けたと思います。
当店では「夢を形に」をモットーに、関東第1号公認左ハンドルデモカーを完成させました。
これからも新たな公認左ハンドル改造車製造に取り組んで参ります。

何故わざわざ国産右ハンドルを左ハンドルに改造するのか。

ズバリ申し上げますと、目立ち度&注目度が無限大だからです。
右ハンドルから左ハンドルへのコンバージョン、絶大なインパクトを与える新時代の斬新なカスタムです。
他人とは違う車に乗りたい、そう思っている方は少なからずいらっしゃる事でしょう。


公認を取得しないとどうなってしまうのか。

公認を取得しない限り継続車検を受ける事ができませんので、公道走行不可能な、ただの置物になってしまいます。
そこで当店は考えました、普通の右ハンドルと同じように普通に乗れる公認左ハンドル改造車の製造を。
当店で左ハンドルの公認を取得した車両を販売する事により、次回以降は継続車検を取って頂けます。
国が認めた公認を取得する事により、万が一の故障でもディーラーメンテナンスを受ける事も当然可能です。


左ハンドル輸入車について。

現在日本で走行している左ハンドル車の殆どは、外車の正規輸入車又は外車や日本メーカーの並行輸入車です。
外車の正規輸入車の場合は、日本国内の取り扱いディーラーがメンテナンス等対応してくれます。
しかしながら、並行輸入車はディーラーメンテナンス以前に部品注文ですら断られてしまいます。
その為、並行輸入車の購入は非常にリスクが高いのです。


最後まで読んで頂いたお客様へ。

当店製造の国産公認左ハンドル改造車のメリットは、十分にご理解頂けたと思います。
ハイブリッドカー⇒電気自動車⇒自動運転車と、自動車技術は物凄い勢いで日々進化を遂げております。
しかし、カスタムカーも物凄い勢いで日々進化を遂げているのです。
公認左ハンドル車を手に入れたら、きっと世界が変わって見える事になるでしょう。
少しでも公認左ハンドルに興味がある方は、是非当店デモカーのクオリティを見学しにご来店下さい。


これが本当の最後ですからね(笑)

当店が本気(マジ)で取り組んできた事ですので、かなり堅苦しい内容になってしましたね()
敷居が高いイメージを持たれるかも知れませんが、そんな事は全くありません()
「でも、見学に行ったら何か買わされるんじゃないの?
なんて思っちゃうお客様は、\500(税別)LEDポジション球を、来店記念に買っていっちゃって下さい。()


そんなラフな感じでご来店頂ければと思っております。

アットホームな雰囲気が自慢の当店に是非ご来店頂き、多くのお客様に親しんで頂けると嬉しいです!!
もちろん、右ハンドルのままでの車輌販売もしてますので、ご安心下さい。(笑)


 |エクステリアインテリアオーディオシアターセキュリティーアクセサリーリンクホーム